知的財産法における法的アドバイス、特に以下の分野において専門的に業務をいたしております。

  • 特許法
  • 実用新案法
  • 商標法
  • 意匠法
  • 著作権法
  • 職務発明に関する法律
ヴィーランド グロート博士は ドイツ特許商標庁 (DPMA)、欧州共同体商標意匠庁 (OHIM)、 欧州特許庁 (EPO)、 世界知的所有権機関(WIPO)で認可された弁理士であり、管轄民事裁判所において保護権に関する手続きのお手伝いをいたします。技術的重点分野:

機械工学、力学、再生可能エネルギー、物理、表面物理学、光学、電子、電気技術、半導体技術、データ記憶媒体、情報の符号化、医療技術

業績リスト (出版物/講義)